CUGA® in vitro Transcription Kit

RNA大量合成キット

CUGA® 7 in vitro Transcription Kit

Data 1. RNA合成量の比較

短時間の反応で、野生型T7 RNA Polymeraseを用いた従来品の約2~5倍のRNAを合成することが可能です(図1)。37℃、2時間で直鎖DNA鋳型から200 μg以上のRNAを合成できるので、長時間の反応を必要としません(図2)。また、1 μgのRNAを合成するための費用は約5円で、非常にお得です。

図1. RNA合成量の比較-1(1,600 base)
図2. RNA合成量の比較-2
cuga7_data1
cuga7_data2
 
1 : 野生型T7 RNA Polymeraseを用いた従来品
2 : CUGA® 7 in vitro Transcription Kit
CUGA® 7 in vitro Transcription Kit
従来の製品 A
従来の製品 B

 

Data 2. 鋳型の末端形状の影響

従来のin vitro RNA合成反応では、3'突出末端鋳型から異常なRNAが生じることが知られています。しかし、CUGA® 7 in vitro Transcription Kitでは鋳型の末端形状に依存しない正確なRNA合成が行われ、従来の製品に比べ目的のRNA量も増えています。

図3. SacⅠ(3'突出)末端鋳型によるRNA合成(1,600 base)
pBluescript SK+/Sac I 0.05 pmolから、野生型T7 RNA Polymeraseを用いた従来の製品とCUGA® 7 in vitro Transcription Kit を用いてRNAを合成した。

電気泳動:
1% Agarose-2.2 M ホルムアルデヒドゲル
エチジウムブロマイドで染色
1 : 野生型T7 RNA Polymeraseを用いた従来品
2 : CUGA® 7 in vitro Transcription Kit
目的の転写産物
不完全な転写産物

 

Data 3. 鋳型配列中のターミネーター配列の影響

CUGA® 7 in vitro Transcription Kit は一部のターミネーター配列を認識しませんので、不完全なRNA を作らず、目的の RNA のみが正確に得られます。

図4. 鋳型配列中のターミネーター配列の影響    
直鎖化した鋳型DNA(下図)0.05 pmolから従来の製品とCUGA® 7 in vitro Transcription Kitを用いてRNAを合成した。

電気泳動:
1%アガロース - 2.2 M ホルムアルデヒドゲル
エチジウムブロマイドで染色。
1 : 野生型T7 RNA Polymeraseを用いた従来品
2 : CUGA® 7 in vitro Transcription Kit
目的の転写産物
不完全な転写産物

 

image1

*PTH signal : Bio Heらによって報告されたヒトPTH(preproparathyroid hormone) cDNA遺伝子内に存在するT7 RNA ポリメラーゼの転写反応終結活性を持つ配列。(He, B. et. al. J. Biol.Chem., 207:30 (1998))

Data 4. 正確で効率の良い標識の取り込み

野生型T7 RNA Polymeraseを用いた従来品よりも、正確に効率良く標識を取込むことができます。

図5. Biotin標識リボプローブの電気泳動(100 base)
(B)Biotin標識リボプローブの電気泳動写真。
野生型T7 RNA Polymeraseを用いた従来品では顕著に異常転写産物が認められるが、CUGA® 7 in vitro Transcription Kitでは目的産物が正確に転写されている。
1 : CUGA® 7 in vitro Transcription Kit
2 : 野生型T7 RNA Polymeraseを用いた従来品
目的の転写産物
異常転写産物

 

 


CUGA® 6 in vitro Transcription Kit
CUGA® 3 in vitro Transcription Kit
CUGA® in vitro Transcription Kit のページへ


ページトップ