ECOSTM Competent E. coli シリーズ

超迅速 大腸菌コンピテントセル
品名 Code No. 包装単位 価格 備考
ECOSTM Competent E. coli DH5 α
310-06236 50 μl x 40 本 40,000円  
ECOSTM Competent E. coli DH5 α 310-06231 100 μl x 2 本 9,000円  
ECOSTM Competent E. coli DH5 α 316-06233 100 μl x 20 本 36,000円  
ECOSTM Competent E. coli DH5 α 314-06234 100 μl x 80 本 132,000円  
ECOSTM Competent E. coli DH5α-Jumbo Pack 312-07031 500 μl x 6 本 39,000円  
ECOSTM Competent E. coli JM109
317-06246 50 μl x 40 本 40,000円  
ECOSTM Competent E. coli JM109 317-06241 100 μl x 2 本 9,000円  
ECOSTM Competent E. coli JM109 313-06243 100 μl x 20 本 36,000円  
ECOSTM Competent E. coli JM109 311-06244 100 μl x 80 本 132,000円  
ECOSTM Competent E. coli XL1-Blue 311-06521 100 μl x 2 本 10,000円  
ECOSTM Competent E. coli XL1-Blue 317-06523 100 μl x 10 本 24,000円  
ECOSTM Competent E. coli XL1-Blue 315-06524 100 μl x 20 本 44,000円  
ECOSTM Competent E. coli BL21(DE3)
318-06531 100 μl x 2 本 10,000円 カルタヘナ
ECOSTM Competent E. coli BL21(DE3) 314-06533 100 μl x 10 本 27,000円 カルタヘナ
ECOSTM Competent E. coli BL21(DE3) 312-06534 100 μl x 20 本 50,000円 カルタヘナ

製造元 (株)ニッポンジーン

表示価格は希望納入価格 (税別) です。

製品説明

ECOS(イーコス)TM Competent E. coli は大腸菌のコンピテントセルです。本品ではヒートショック後のSOC 培地での約1 時間の培養が不要*1なことから、短時間で形質転換を行うことができます。DH5α、JM109、XL1-Blue ではクローニング部位がlacZ 遺伝子中にあるベクターDNA を用いて形質転換を行った際にblue/white選択を行うことができます。
*1セレクションにアンピシリンを使う場合にのみ有効。

特長

・高効率な形質転換が短時間で可能(ECOSTM 6分間プロトコール) ・最短1 分間での形質転換が可能(ECOSTM 1 分間プロトコール)・凍結融解に対しての耐性が高い ・長期保存が可能・テトラサイクリン、カナマイシンの場合もSOC培地による培養で高効率な形質転換が可能

▲このページのトップへ

製品内容

形質転換効率*2

*2 形質転換効率の測定条件
・ コンピテントセルを室温のウォーターバスで約1/3 量を融解してDNA溶液を添加。
・ 形質転換にはpUC19 DNA を使用。
・ 全て室温で連続的に操作。
・ アンピシリンは50 μg/ml で使用。
・ LB プレートは4°Cのものを使用。

保存と凍結融解(再凍結)について

保存温度: -80°C

遺伝子型

DH5α F-, Φ80dlacZ⊿M15, ⊿(lacZYA-argF)U169, hsdR17(rk- mk+), recA1, endA1, relA1, deoR, supE44, thi-1, gyrA96, λ-
JM109 F’ [traD36, proAB, lac q, lacZ⊿M15], ⊿(lac-proAB), hsdR17(rk- mk+), recA1, endA1, relA1, supE44, thi-1, gyrA96, e14-(mcrA-)
XL1-Blue hsdR17, recA1, endA1, gyrA96, thi-1, supE44, relA1, lac[F’, proAB, lac q Z⊿M15, Tn10(tetr)]
BL21(DE3) E. coli B, F-, dcm, ompT, hsdS(rB- mB-), gal ,λ(DE3)

▲このページのトップへ

使用例

ECOSTM 最速プロトコール(1分間)と高効率プロトコール(6分間)

ECOS時短プロトコール

実験例1 各種プロトコルでの形質転換効率の比較

ECOSTM Competent E. coli JM109および従来型のT社製品をpUC19 DNAで形質転換した。プロトコルは、ECOSTM 1分間プロトコル、ECOSTM 6分間プロトコル、T社製品プロトコル(SOC培地を添加して培養する従来型のプロトコル, 約2時間)で行った。形質転換後、37°C、Over Nightでインキュベートし、コロニー数を計測した。

data1

ECOS™ Competent E. coli は最速の1分間プロトコルでも十分な効率が得られ、さらに6分間プロトコルでは、T社の従来型製品を従来のプロトコル(SOC培地での培養あり)で使用した場合と同等以上の性能を発揮した。

実験例2 凍結融解の影響の比較

ECOS Competent E. coli DH5αおよび従来型のT社製品を氷上で融解後、軽くタッピングで混ぜた。コンピテントセルは-80°Cのフリーザーで再凍結し、24時間後に、氷上で再融解し、実験例1と同様の形質転換実験を行った。

data2

T社製品が1回の凍結融解で約30%に効率が低下してしまったのに対して、ECOS™ Competent E. coli は凍結融解後でも約85%以上の効率を維持していた。

▲このページのトップへ

Q & A

1分間プロトコールからヒートショックを省くことはできますか?

お客様の声

お客様の声

2016年に体験キャンペーンを行い、評価結果をお聞きしました。お試し頂いた結果、93%の方が「非常に満足」または「満足」と答えています。

実験例: 形質転換効率の比較

ECOS™ Competent E. coli DH5αを「オプションプロトコール(ヒートショック不要)」、「1分間プロトコール」、「6分間プロトコール」で、pUC19 DNA(2.7 kb)とpUC系プラスミドDNA(7.5 kb)を用いて形質転換を行いました(n=3)。

結果

ヒートショックを行う従来の1分間プロトコールと同等の効率が得られました。

形質転換効率の比較

▲このページのトップへ

資料 Data Sheet

製品マニュアル

SDS(Safety Data Sheet)

リーフレット

▲このページのトップへ

関連情報

備考

「ECOSTM Competent E. coli BL21(DE3)」について(Code No. 318-06531, 314-06533, 312-06534)

遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律第26 条第1 項に基づく情報提供遺伝子組換え生物等の第二種使用等をしています。使用に際しては貴施設の安全委員会の指示に従って下さい。
宿主: 
Escherichia coli BL21 (B 株由来)
核酸又はその複製物: 
T7 ファージ由来RNA Polymerase 遺伝子を含むバクテリオファージlambda DE3 (溶原化)

連絡先: 

〒930-0834 富山県富山市問屋町2-7-18
株式会社ニッポンジーン組換えDNA 実験安全委員会
担当責任者: 二上正裕TEL(076)451-6548

カルタヘナ法

License

関連製品

問い合わせ先

購入に関するお問い合わせ先
富士フイルム和光純薬株式会社および同社代理店・特約店
製品に関するお問い合わせ先
株式会社ニッポンジーン 学術営業課

ページトップ