濁度・蛍光測定装置 LF-8 Plus

LAMP法用遺伝子増幅検出装置
品名 Code No. 包装単位 価格 備考
LAMP法用測定装置 LF-8 Plus 310-09271
1台 650,000円  

製造元(株)ニッポンジーン

表示価格は希望納入価格 (税別) です。

製品説明

LF8 Plus
LAMP法用測定装置 LF-8 Plus

LF-8 Plusは、濁度と蛍光の2種類の測定器を搭載し、1回の測定で両方のデータを取得することができます。そのため、LAMP法*1による遺伝子検出を、濁度のデータに加えてインターカレーターあるいは蛍光プローブ(Quenching ProbeやMolecular Beacons等)と組み合わせて行うことができます。
*1 LAMP(Loop-mediated Isothermal Amplification)法は、標的遺伝子に対する4種類のプライマーと鎖置換型DNA合成酵素を用いて、一定温度(65℃付近)で反応させる遺伝子増幅法であり、高い増幅効率と特異性を特長とします。

付属のPCソフトウェア「LF-8 Manager」では、濁度測定と遺伝子多型解析を行うことができます。また、PCソフトウェア「LF-8 Analyzer」では、蛍光物質(二本鎖DNA結合性蛍光分子、インターカレーター等)による遺伝子増幅データの解析や会合曲線解析を行うことができるため、遺伝子多型解析だけでなく、様々なLAMP法による測定を行うことができます。

特長

2種類(濁度・蛍光)の測定器を搭載非常にシンプルな操作わずか数十分の解析時間遺伝子多型解析が可能

▲このページのトップへ

製品内容

LAMP法用測定装置 LF-8 Plus(一式)
構成品 容量 備考
LF-8 Plus 本体 1台 装置仕様の詳細はリーフレットをご参照下さい。
電源アダプタ 1式 電源アダプタ及び電源ケーブル
PCソフトウェア(LF-8 Manager、LF-8 Analyzer) 1枚 CD-Rに内蔵

※PC、接続ケーブルは付属しませんので別途ご用意下さい。装置本体とPCを接続するためには、RS232CケーブルとRS232C-USB変換ケーブルが必要です。

▲このページのトップへ

使用例

Data 1. LAMP法用核酸増幅試薬(濁度検出用)と蛍光 Quenching プローブを用いた濁度測定と遺伝子多型解析

LAMP法用核酸増幅試薬「LAMP MASTER for Turbidity」(Code No. 311-08961)とCYP2C9遺伝子検出用プライマーおよびジェノタイピング用の蛍光プローブ(Quenching Probe)を用いて、装置LF-8 PlusでLAMP反応とジェノタイピングを行った。

結果

反応終了後、PCソフトウェア「LF-8 Manager」で解析した。鋳型ありのLAMP反応では、濁度測定で遺伝子の増幅が検出された(図:差分曲線)。また、Quenching Probeを用いた会合曲線解析により、蛍光値の減少のピークが任意の温度範囲に検出されたため、CYP2C9遺伝子のジェノタイピングを行うことができた。本結果は、装置本体の判定ランプからも確認できた。


▲このページのトップへ


Data 2. LAMP法用核酸増幅試薬(蛍光検出用)を用いた 遺伝子増幅解析

Intercalation Mix*2を含むLAMP MASTER for Fluorescence(Code No.317-08941)と鋳型および青枯病菌 (Ralstonia solanacearum) 検出プライマーを混合した反応液を調製し、濁度・蛍光測定装置 LF-8 PlusでLAMP法による増幅検出を行った。また、反応後に会合曲線解析による増幅特異性の解析を行った。 解析はPC ソフトウェア“LF-8 Analyzer”を使用した。
*2 Intercalation Mixは、終濃度を0.5xに変更した。(終濃度を1xにすると蛍光値の飽和が確認されたため)

結果

増幅曲線より、陽性サンプルとポジティブコントロールにおいて、DNA増幅に伴うインターカレーターの蛍光を検出できた。 また、会合曲線解析では、陽性サンプルとポジティブコントロールで同じ温度にピークが検出された。
なお、陰性サンプルとネガティブコントロールでみられた会合曲線のピークは、陰性サンプルの場合はその他の微生物のgDNAを、ネガティブコントロールの場合は、プライマーダイマーを検出したものと考えられる。
本実験結果より、LF-8 PlusとLAMP MASTER for Fluorescence(Code No.317-08941)との組み合わせで、増幅検出と増幅特異性の解析を行えることを確認できた。

▲このページのトップへ

Q & A

LAMP法用遺伝子増幅検出装置のLT-16とLF-8 Plusの違いは何ですか?
両装置とも試験研究用の装置です。
比較表

▲このページのトップへ

資料 Data Sheet

製品マニュアル

リーフレット

▲このページのトップへ

関連情報

備考

License

関連製品

問い合わせ先

購入に関するお問い合わせ先
富士フイルム和光純薬株式会社および同社代理店・特約店
製品に関するお問い合わせ先
株式会社ニッポンジーン 学術営業課

ページトップ