マツ材線虫病検査サービス

LAMP法を用いた植物病検査サービス Bursaphelenchus xylophilus Detection
品名 Code No. 包装単位 価格 備考
マツ材線虫病検査サービス NE3513 10 検体用 46,200 円  

製造元 (株)ニッポンジーン
販売サイト e Genome Order

表示価格は希望納入価格 (税別) です。

製品説明

遺伝子検査実施例

本サービスは、お客様よりお送り頂きました「マツ材片」(検体)を「マツ材線虫病診断キット」を用いて遺伝子検査によって病原体のマツノザイセンチュウの有無を検査するサービスです。

特長

マツ材片(検体)をお届けする専用容器に入れて送っていただくだけ。 きわめて高感度な検査です。

マツ材線虫病 は、マツノマダラカミキリにより伝搬されるマツノザイセンチュウが引き起こすマツ類の病害です。 

マツノザイセンチュウ

マツ材線虫病は北アメリカからの侵入病害であり、アカマツ、クロマツ、リュウキュウマツ、ゴヨウマツなど、抵抗性を持たない日本のマツ類に重大な被害をもたらしています。
罹病木ではマツノザイセンチュウがマツの柔細胞やマツの衰弱に伴って樹体内に侵入した青変菌を摂食して急激に増殖するため、最終的に数ヶ月でマツが枯死に至ります。
枯死木にはマツノマダラカミキリが飛来して産卵し、成虫の羽化に伴って虫体内へ移動したマツノザイセンチュウは新たなマツへと伝搬されます。

罹病木から健全木への感染拡大を防止するためには罹病木の早期発見、除去が不可欠となります。 一般的に、マツノザイセンチュウに感染したマツは伐倒し、薬剤によるくん蒸や破砕・焼却などをおこない、健全なマツは線虫の増殖を防ぐ為に樹幹注入剤などを用いて被害拡大を防いでいます。

▲このページのトップへ

製品内容

「マツ材線虫病検査サービス」キット一式 (10検体用)
構成品 10検体用 保存 備考
検体保管用容器 10本 室温  
検査依頼書 1枚 室温  
検体管理番号お客様控え 1枚 室温  
検体送付用袋 1枚 室温  
検体送付用着払い伝票 1枚 室温  

輸送方法

キットは、クロネココンパクト専用BOX(ヤマト運輸)にてお届けします。

サービスの流れ

  1. e Genome Orderサイトよりご注文いただき、弊社からお送りする「マツ材線虫病検査サービス」キット一式をお受け取り下さい。
    * 検査サービスキットの有効期間は、到着後2ケ月です。
  2. キットに入っている「検体保管用容器」にマツ材片(検体)をそれぞれ5枚以上いれて、必要事項を記入した「検査依頼書」と一緒にクール宅急便(冷蔵タイプ)にて弊社までお送り下さい。
    * 検体採取後は冷蔵保存し、2日以内に弊社へ送付して下さい。
    * 検体を一度に“まとめて”弊社までお送り下さい。
  3. お送りいただいたマツ材片(検体)について遺伝子検査を行います。
  4. 検体到着後、2週間以内に検査結果の報告をメールでお送りします。

ご利用上の注意点

  • 採取した検体は、添付の検体保管用容器に入れて冷蔵保存を行い、採取後2日以内に“クール宅急便(冷蔵タイプ)”にて弊社までお送り下さい。
    検体の状態によっては、検査結果が得られない事がございますのでご注意下さい。
    尚、お送り頂いた検体は検査終了後に廃棄処分する為、返却することは出来ません。
  • 検体を一度に“まとめて”弊社までお送り下さい。
    全ての検体が届いていない場合、残りを後から検査する事は出来ませんのでご注意下さい。
  • 検査結果は、お送り頂いた検体に対する結果となります。
    感染初期などでは、検体の採取場所によっては“検出されない”事もございますので予めご了承下さい。
  • ご依頼者が管理されている植物以外の検査依頼はご遠慮下さい。
    検査結果が原因で生じたトラブルについて弊社は一切の責任を負うことは出来ません。
  • 弊社が検査サービスキットを送付してから、2ヶ月以内に検体を弊社までお送り下さい。
    期間を越えると検査を行うことが出来ませんのでご注意下さい。
  • 弊社に検体が到着後、2週間以内に検査結果をメールにてご連絡致します。
    弊社からのメール(support@nippongene-analysis.com)が受信できるように、予め設定が必要な際はご対応をお願い致します。

▲このページのトップへ

使用例

マツ材片採取の例

マツ材片の採取
検体採取に使用した“ドリルの刃先”や“ピンセット”などは、使用ごと(検体ごと)にアルコール配合されたウエットティッシュ等で拭き取って下さい。 同じ器具をそのまま別の検体に使用しますと、誤った結果が出るおそれがあります。

検査結果報告書の例

報告書見本
クリックすると別窓で拡大画像

▲このページのトップへ

Q & A

マツ材片の採取方法について
マツ材片の採取位置について
検査時期について

▲このページのトップへ

資料 Data Sheet

リーフレット

▲このページのトップへ

関連情報

参考文献

  1. 相川 拓也 (2006) マツノザイセンチュウの伝播機構 -どのように媒介昆虫へ乗り移りそして離脱するのか- 日本森林学会誌 88 (5): 407
  2. 相川 拓也、神崎 菜摘、菊地 泰生 (2010) マツノザイセンチュウのDNAを利用した簡易なマツ材線虫病診断ツール”マツ材線虫病診断キット”について 森林防疫 59 (2): 60
  3. 相川 拓也 (2011) マツノザイセンチュウのDNAを利用した新しい診断法 –マツ材線虫病診断キット- 樹木医学研究 15 (2): 41
  4. 伊藤 英敏、神崎 菜摘、菊地 泰生 (2010) 家庭にある材料と診断キットによるマツ材線虫病診断 森林防疫 59 (2): 55
  5. Aikawa T, Kikuchi T, Kosaka H. (2003) Demonstration of interbreeding between virulent and avirulent populations of Bursaphelenchus xylophilus (Nematoda: Aphelenchoididae) by PCR-RFLP method. Appl. Entomol. Zool. 38 (4): 565
  6. Kikuchi T, Aikawa T, Oeda Y, Karim N, Kanzaki N. (2009) A rapid and precise diagnostic method for detecting the Pinewood nematode Bursaphelenchus xylophilus by loop-mediated isothermal amplification. Phytopahology. 99 (12): 1365
  7. Notomi T, Okayama H, Masubuchi H, Yonekawa T, Watanabe K, Amino N, Hase T. (2000) Loop-mediated isothermal amplification of DNA. Nucleic Acids Res. 28 (12): e63
  8. Prince AM, Andrus L. (1992) PCR: how to kill unwanted DNA. Biotechniques. 12 (3): 358
  9. 木村 公樹、相川 拓也、山本 貴一、前原 紀敏、市原 優、今 純一、中村 克典 (2011) 青森県蓬田村に発生したマツ材線虫病被害木におけるマツノザイセンチュウの検出および媒介昆虫の加害状況. 東北森林科学会誌 16 (1): 7
  10. Kanetani S, Kikuchi T, Akiba M, Nakamura K, Ikegame H, Tetsuka K (2011) Detection of Bursaphelenchus xylophilus from old discs of dead Pinus armandii var. amamiana trees using a new detection kit. Forest Pathology 41 (5): 387
  11. 相川 拓也、中村 克典、市原 優、前原 紀敏、水田 展洋 (2013) 同一マツ枯死木から脱出したマツノマダラカミキリ成虫が保持するマツノザイセンチュウ数の変異-津波被害によって発生した枯死木の事例-. 森林防疫 62: 130
  12. Hoshizaki K, Nakabayashi Y, Mamiya Y, Matsushita M (2016) Localized within- and between-tree variation in nematode distribution during latent state of pine wilt disease makes the disease status cryptic. Forest Pathology 46 (3): 200
  13. 阿部 豊 (2016) ベールマン法とマツ材線虫病診断キットの応用と課題. グリーン・エージ 2016年6月号 (No. 510号)
  14. 中林 優季、松下 通也、星崎 和彦、相川 拓也 (2013) マツ成木におけるマツノザイセンチュウの樹体内分布ー病徴発症初期における効率的な検出のためにー. 林野庁東北森林管理局WebサイトURL: http://www.rinya.maff.go.jp/tohoku/sidou/pdf/24g16.pdf
  15. 石黒 秀明、相川 拓也 (2016) マツノマダラカミキリの産卵痕を経由したアカマツ枯死木へのマツノザイセンチュウの侵入. 日本森林学会誌 98: 124
  16. 相川 拓也 (2014) 線虫学実験 (京都大学学術出版会): 66
  17. 青森県産業技術センター林業研究所 (2013) マツ材線虫病(松くい虫被害)の監視・防除対策 ~対策の手引き~. 地方独立行政法人青森県産業技術センターWebサイトURL: http://www.aomori-itc.or.jp/assets/files/rinshi/pine%20disease%20manual.pdf

License

関連製品

問い合わせ先

購入に関するお問い合わせ先
製品に関するお問い合わせ先
株式会社ニッポンジーン

ページトップ