CLEAR STAIN Blue

核酸染色用試薬クリアステインブルー
品名 Code No. 包装単位 価格 備考
CLEAR STAIN Blue
312-08491 120 ml 9,000円  

製造元 (株)ニッポンジーン

表示価格は希望納入価格 (税別) です。

製品説明

本品はアガロースゲル電気泳動後の核酸を染色するための試薬です。
本品は核酸を青色に染色し可視化するため、検出用の装置を必要としません。また臭化エチジウム(EtBr) のような変異原性はなく、取り扱いは非常に安全で容易です。

使用上の注意

特長

・検出感度はEtBrと同程度・変異原性はなく、非常に安全・専用の検出用装置を必要としません

▲このページのトップへ

製品内容

使用回数

200 mlの染色液を調製する場合、20 ml のCLEAR STAIN Blueを180 ml の水に加えて撹拌します。10倍に希釈した染色液は使用頻度にもよりますが、数日から1 週間以内であれば数回繰り返し使用できます。

CLEAR STAIN Blue (120 ml)
構成品 容量 保存 備考
CLEAR STAIN Blue 120 ml x 1 室温 青色溶液 (10倍濃度 )

▲このページのトップへ

使用例

使用の際には水(蒸留水、またはイオン交換水)または、泳動バッファー(1 x TAE, 1 x TBE) で10 倍に希釈してください。アガロースゲルの大きさに合わせて、適当な大きさの容器(タッパー等)*1 を準備します。ゲルが染色液に完全に浸る量を調製します。

*1 青色色素は容器に付着します。染色用容器は本品専用としてください。本品に接触するもの(容器や使い捨てスポイト等)は、色素が付着してもよいものを使用してください。

使用例1 アガロースゲルの染色とDNAの検出

CLEAR STAIN Blue の染色条件

染色時間: 10分間
脱色方法: 40℃程度のお湯に入れ、2時間脱色、お湯を取り換え、一晩脱色

電気泳動条件

1.5 % Agarose S ゲル、100V 45分電気泳動
Lane 1: Gene Ladder Wide 1 (5 μl)
Lane 2-10: PCR産物
Lane 11: PCR溶液(鋳型なし)
Lane 12: Gene Ladder Wide 1 (5 μl)

▲このページのトップへ


使用例2 エチジウムブロミド (EtBr) とCLEAR STAIN Blue との比較

染色液として、CLEAR STAIN Blue を10倍に希釈した溶液と、EtBr Solution を 0.6 μg/mlに調製した溶液を用意した。
約6 kbpのプラスミドDNAを制限酵素で切断し、6 x Loading Buffer Orange G を加えたあと1% Agarose S ゲルにアプライした (下図矢印: 400, 200, 100, 50, 25, 10 ng) 。 マーカーは、Gene Ladder Wide 1 を 5 μl アプライした (下図 M)。
電気泳動後のアガロースゲルを取り出し、各染色液の中に10分間沈めて染色し、溶液から取り出したゲルを40℃程度のお湯の中に2時間沈めて脱色を行った後、写真撮影した。


▲このページのトップへ


使用例3 脱色の経時変化

電気泳動したアガロースゲルを10倍希釈したCLEAR STAIN Blueの染色液で10分間染色したあと、40℃程度のお湯に浸して脱色した。

上図:12ウェルのアガロースゲルを、染色直後、脱色15分後、30分後、2時間後、一晩後に撮影
下図:6ウェルのアガロースゲルを、染色直後、脱色15分後、一晩後に撮影

▲このページのトップへ

Q & A

バンドを見やすくする方法はありませんか?


図:一晩脱色後、撮影

実験例

12ウェルのアガロースゲルを1% Agarose S (30 ml)で作製した。 電気泳動後、染色10分、60℃のお湯で脱色を行った。

* お湯の温度が高い方が早く脱色しますが、60℃以上のお湯を使用するとゲルが溶ける恐れがあるためご注意ください。

脱色15分後には25 ng以上のバンドを確認でき、脱色2時間後には10 ng以上のバンドを確認できた。



CLEAR STAIN Blueで染色後、ゲルから切り出したDNAはクローニングに使用できますか?

切り出し

実験例

  1. プラスミドGFP-pUC18を制限酵素EcoRIで切断し、等量ずつ1% Agarose Sゲルに電気泳動した。
  2. CLEAR STAIN Blue希釈溶液とEtBr溶液(0.6 μg/ml)で10分間染色、10分間脱色した後、目的のバンドを切り出した。 この時、EtBr染色したゲルには30秒間紫外線を照射し、この時間以内に切だしを行った。
  3. 切り出したアガロースゲル断片からISOSPIN Agarose GelでDNAを抽出し、エタノール沈殿を行った。
  4. 抽出したインサートDNA(50 ng)、プラスミドベクター(25 ng) 、2X Ligatin Mixでtotal 10μlの反応溶液を調製し、ライゲーション(16℃、5分)を行った。
  5. 反応後の溶液 1 μlをECOS competent E.coli JM109(100 μl)に形質転換した(ECOS 6分間プロトコル)。
    形質転換後、20μlをそれぞれLBプレート(アンピシリン 50 μg/ml)に塗布し、37°Cでインキュベートした。

結果

緑色蛍光タンパク質GFP遺伝子を持つDNA断片をCLEAR STAIN Blue染色ゲルから回収した後、プラスミドベクターにクローニングし、大腸菌に導入した。形質転換した大腸菌の菌体内でGFP 遺伝子が発現し、プレートに紫外線を照射すると大腸菌が緑色に発光した。
また、EtBr染色ゲル(UV照射30秒間)から回収したDNA断片と比較しても、形質転換効率は同等であった。

▲このページのトップへ

資料 Data Sheet

製品マニュアル

SDS(Safety Data Sheet)

リーフレット

▲このページのトップへ

関連情報

使用上の注意

備考

関連製品

問い合わせ先

購入に関するお問い合わせ先
富士フイルム和光純薬株式会社および同社代理店・特約店
製品に関するお問い合わせ先
株式会社ニッポンジーン 学術営業課

ページトップ